H31.4.3大塚製薬株式会社さんによる、エクオールに関する勉強会がありました。

40歳以降の更年期になると、女性ホルモンの血中濃度が低下する為に、様々な全身症状が現れるとされています。

大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが、腸内細菌により代謝を受けることで、エクオールという女性ホルモンに類似した物質が産生されます。

エクオールは様々な更年期症状を緩和する事が期待出来ます。また特に整形外科領域では手指の変形や痛みなど女性ホルモンとの関連が推察されており、変形初期や変形が起きる前の患者さんに症状改善効果が期待できるとの事でした。

また、女性ホルモン低下に伴う骨量減少に対しても有効性が期待できるとの事です。

日本人女性では、エクオールを産生出来ない人も一定数いるため、その様な体質の方は大豆製品を摂取してもエクオールによる効果を期待できません。そのような方はサプリメント製品を摂取する事で補充が可能という事でした。

更年期症状とうまく付き合いながら、健やかな生活をおくれるように、エクオール摂取を考えてみてもいいのかな、と思われました。

大塚製薬株式会社さん、ありがとうございました。

〜看護師より〜

このエントリーをはてなブックマークに追加