宏洲(ひろしま)整形外科医院

久山町の宏洲整形外科。不安を安心に変える医院。

福岡県糟屋郡久山町大字久原3133-1
TEL.092-957-5151

胸部 背部の疾患

肋骨骨折(←クリックして下さい)

症状 骨折部分のに圧迫を加えると、痛みが生じます。 また呼吸の際に胸郭が動くことにより、痛みを伴うことも多いとされ、くしゃみや咳などで、痛みが増強します。 骨折による、肺損傷や血管、臓器損傷を招くこともあります。その際は [続きを読む]

胸椎②側弯症

小児期にみられる脊柱変形です。 日本での発生頻度は1~2%程度とされる疾患です。 家庭で親御さんのチェックで、発見することも可能な疾患です。(肩の位置が違う、骨盤がゆがんでいるなど) 側弯症 ↑↑↑(クリックすると、日本 [続きを読む]

胸椎③脊髄腫瘍

良性、悪性の鑑別診断が必要であり、MRIやCTなどの検査が必要となる場合があります。 症状や腫瘍の種類に応じて、手術療法なども、適応となる場合があります。 脊髄腫瘍 ↑↑↑(クリックすると、日本整形外科学会のページにアク [続きを読む]

胸椎④転移性脊椎腫瘍

原発巣となる病変から、がん細胞が運ばれてきて、骨を脆弱化させたり、転移部分のつかさどる、神経症状を引き起こします。 状況に応じた適切な治療を選択することが、とても大切です。 転移性脊椎腫瘍 (クリックすると、日本整形外科 [続きを読む]

胸椎⑤脊髄損傷

外傷などにより、脊椎の脱臼や骨折によって脊髄を圧迫されることで、神経障害が生じます。 麻痺症状などに対してはリハビリテーションが大変重要です。 脊髄損傷 ↑↑↑(クリックすると、日本整形外科学会のページにアクセスします) [続きを読む]

胸椎⑦脊椎椎体骨折

骨粗鬆症などによる骨の脆弱化によって起こる場合は、しりもちや転倒など日常生活の中で起こりえる疾患です。 転移性骨腫瘍などによって骨がもろくなり、骨折する場合もあります。 胸腰椎移行部(背中の中央付近)に起こる頻度が高い運 [続きを読む]