良性、悪性の鑑別診断が必要であり、MRIやCTなどの検査が必要となる場合があります。

症状や腫瘍の種類に応じて、手術療法なども、適応となる場合があります。

脊髄腫瘍

(クリックすると、日本整形外科学会のページにアクセスします)

~出典:公益社団法人 日本整形外科学会 症状、病気を調べる ~

このエントリーをはてなブックマークに追加