How to

  • 膝を立てて背臥位になる
  • 手はおへその横に置く
  • そのまま、鼻から息を吸う
  • 頭を持ち上げ、しっかり顎を引いて目線はおへそをみる
  • そのとき、息を口から細く長く吐く
  • しっかり息を吐ききったらゆっくり戻す
  • この流れを1回として、20回1セット、1日2セットを目標に行う

腹筋トレーニングはどんな効果がかりますか?

腰痛疾患の多くに推奨されている運動になります。

腰椎椎間板ヘルニアの方には椎間板に対する除圧、腰部脊柱管狭窄症の方でには腰椎の前弯の抑制、腰椎分離症・分離すべり症腰椎変性すべり症のような腰部の不安定性を呈する疾患の方には安定性獲得の為に必要になってきます。

腹部の筋力の低下は体幹が重力に逆らうことが困難となり多々の疾患に繋がっていきます。腹筋は自前のコルセットの役割を果たしており安定した体幹を作る上で欠かせない筋肉となっています。

体幹が安定することで、末梢もより安定した運動が可能となり、上下肢の障害予防・パフォーマンスの向上にも繋がってきます。