H31.3.13アステラス製薬株式会社さんによる、骨粗鬆症治療薬に関する勉強会がありました。

骨粗鬆症は、早期に治療を開始する事が大切であり、骨折後の患者さんの1年以内の骨折のリスクは非骨折の方と比較した場合12 倍と言われているそうです。

イベニティは、本年の3月に発売開始となった治療薬です。骨を溶かす作用を抑えつつ同時に新しい骨を作る作用を強化する作用機序を持った注射薬で、かなりの骨折予防の効果と骨密度増加効果が期待できます。

様々な種類の骨粗鬆症治療薬がありますが、新しく治療の選択肢が加わり、より健康寿命の維持、増進に期待を持つことが出来るのではないかと思いました。

〜看護師より〜

 

このエントリーをはてなブックマークに追加